--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.15

Blog Action Day 2008 Poverty/貧困

世界中のブロガーたちが年に一度、
同じ日に同じ話題を取り上げ、
議論のきっかけにしようという
Blog Action Day

2008年のテーマは「貧困」だそうです。

日本にいると、TVやPCの画面の中をのぞいては
なかなか意識することのない言葉ではないでしょうか。
でも、ここ東ティモールでは、それが日常です。

大学院で開発学を勉強してるときに、貧困の定義とは?とか
物質的、精神的な貧困をどのような尺度ではかるべきか?などなど
変に哲学的な小賢しい議論を何度も繰り返したのが恥ずかしくなるくらい、
「絶対的な貧困」とも呼べそうな状況を突きつけられることもありません。

TL2008

TL2008-12.jpg

TL2008-14.jpg

TL2008-15.jpg

貧しい人々を「救い出してあげる」という使命感だけでは事態は変わりません。
むしろ、日々、NGOや住民グループ、また裨益者たる村人たちとお付き合いする中で
援助漬けがもたらした甘え体質が根付きつつある現実が見え隠れすることもあります。

でも、草の根では、貧しいながらも強く明るく生きている人々が大多数です。
大切なのは、彼らが自分たちの手で這い上がるのをどう手助けするか。

TL2008-5

TL2008-6.jpg

TL2008-8.jpg

TL2008-9.jpg

村を回って、一緒に水源への山道を歩いて、子どもと追いかけっこをして。
疲れと爽快感が入り混じった中から、また明日への意欲が湧いてくる。

TL2008-10.jpg

TL2008-2.jpg

さっきまで学校が欲しい道を作ってくれとお願いばかりだった村人も、
汗だく&泥だらけになって息を切らしているマラエ(外国人)を見て
誰かが手を差し伸べてくれるのを待つだけではだめなんだ、
自分の生活を変えるためには、自分たちこそ頑張らなくては、と心を新たにしてくれる。

tl2008-28.jpg

TL2008-18.jpg

人から人へとモチベーションが伝播するさまを毎日目にできるのは、
日々ダイナミックに物事が動く途上国で生活している特権かもしれません。

TL2008-21.jpg

TL2008-22.jpg

TL2008-19.jpg

写真は文字よりも雄弁だ、というのは本当でしょうか。
願わくば、この感じが少しでも伝わるとよいのですが。

TL2008-24.jpg

TL2008-25.jpg

そして子どもたちの笑顔が、ほんの少しでも、あなたの背中を押してくれますように。

TL2008-4.jpg

TL2008-13.jpg

TL2008-16.jpg
TL2008-17.jpg

TL2008-23.jpg

東ティモール暮らしも、あと2ヶ月半を残すのみです。

TL2008-1.jpg

TL2008-11.jpg

東ティモールについて詳しく知りたい方はこちらを。
 +Unicef at a glance: Timor Leste
 +UNDP Timor Leste2008
 +BBC News - Country Profile: East Timor
 +外務省: 東ティモール民主共和国

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hush.blog5.fc2.com/tb.php/106-f7d5e823
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。