--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.01

給食当番

ことの発端は、先週のとある1日。

何の気なしに、適当に作った晩御飯を階下に運んで食べてたら
さっそく匂いをかぎつけた目(鼻?)ざとい数名が、
何か作って!親子丼食べたい!トンカツ食べたい!と大合唱。
否定も謙遜もする間すら与えられず、
週末は空いてるか?日曜はOK?よし決まり!と
あれよあれよと数分のうちに、手料理を皆に振舞うことになった。
さすがにお刺身&お寿司は勘弁してもらったけど
拒否権も発言権もまったくなし。がっつきすぎだっつうの。


宗教上、豚肉は厳禁という御仁が多いのと
スーパーの品揃えもが限られるため、メニューは買物しながら組み立てる。
同宿に、なんと4人ものお医者さんがいるので、
何を作っても安心だ、と気分はすっかり実験ノリ。
しかも朝食部屋の広いキッチンを自由に使える嬉しさに
買出しの最中から、実はかなりご機嫌だったりして。

まずは、リクエストのあった親子丼。
お店に並ぶ冷凍鶏肉の部位は、なぜか手羽先とドラムスティックのみ。
胸肉、もも肉、ささみあたりを使いたければ
鶏一羽まるっと買って、自分で解体するしかないらしい。
というわけで、1羽買いましたさ。
それでも3.4ドル。安っ。

冷凍棚のチキンの隣で、ふと目に入ったのが春巻きの皮。
ひき肉だったら牛でもいけるだろうと、二品目は春巻きに決定。
春雨、筍水煮、適当な野菜がなかったので、スライスした玉ねぎ少々。。
実は、春巻きを作るのは人生初。最近とんと食べた記憶もないため
思い出しながらというよりは思いついたものをそのまま入れた感じ。

鶏肉の足まわりの部位が余りそうだったので、手羽元を買い足して
たっぷりの黒酢と紹興酒少々とで中華風に煮てみる。
お肉が柔らかくなってきたところで、ゆで卵を大量投入。
これもある意味、親子煮?初挑戦の思いつき料理ゆえ、名前はまだ無し。

ハラヘリな男性対策には炭水化物をと
ツナと茄子とでパスタを作る予定だったのだけど
昨晩のBBQでグリルした有頭海老が残っているのを見て、台所で予定を変更。
海の香りいっぱいの海老トマトソースを作ることに。
立派な頭を炒めて、白ワインも少々。
香りも風味もしっかり移ってなかなか味わい深い。
我的にはいちばん気に入った一皿。

最後は、グリーンカレー。
唯一作ったことがある&カレーペーストを使えば失敗も無いはず、と
抑えの一品にするはずが、目分量の適当さが災いして
ペーストを入れすぎたらしく塩辛くなってしまった。
だって、鍋一杯のカレーなんて作ったことないし。。
あわや大失敗かと冷や汗もかいたものの
ココナッツミルク大量投入(1L)でなんとか誤魔化して、無事完成。

dinner_200704011時間半、キッチンで格闘した成果は
上記の4品+同僚お手製の散らし寿司。
同僚+同宿の日本人女性の
手際よいヘルプのおかげで、
約束の6時半には、出来立てあつあつの
料理をテーブルに並べることが出来た。

自分的には、もうそれだけで満足。
もう味なんてどうだか知らん。
いわんや写真の出来なんて。。

滞在客以外にも先週知り合ったばかりの友人らも集まってくれて
蓋を開けてみれば、なかなか盛況な集まりに。
”日本食”を期待していた人には肩透かしだったかもしれないけど
日本人が作ったものは、なんでも日本食なのだ、という
これまた滅茶苦茶な理屈を通しながら
イギリス留学中、フラットやシェアしていた家でパーティを開いたとき
全く同じ言い訳を繰り返していたことを懐かしく思い出した。

こんな素人適当料理で言うのはおこがましい限りだけれど
料理ができるって、それだけで人が集まってくれるのは
もしかしたら、すごい特権なのかもしれない。

来週の日曜日は、フィリピン人一家が
アドボ(甘辛く煮たお肉)シニガン(魚介の酸っぱいスープ)などをご馳走してくれる予定。
持ち回りで何か作るところも、さながら「給食当番」みたいで
いよいよ合宿生活らしくなってきた感が。


あ、ちなみに。
いまのところ、病人は1人も出ておりません。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hush.blog5.fc2.com/tb.php/11-b32456fb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
短時間でこれだけ大量の皿を作れるというだけで尊敬しちゃいます。パーティーって人数が多いほど大変だし慣れが必要だよね。海外にいると、料理の腕をあげないとなぁ…と思わされる場面が多いよね。最近はやることが多くてパーティー開催してないけど、引っ越しが落ち着いたら食事会でもしないとなぁ。chieeeを見習ってがんばろー。
Posted by peko at 2007.04.09 22:17 | 編集
>peko
いやいや、私のは料理というか冷蔵庫処理なので凝った物は作れないのだよ。
イタリアなら食材もワインも豊富だし、料理しなくともチーズとワインがあれば充分幸せになれそう。逆に、自分で食べてるだけでも至福にひたってしまって、さほどパーティ欲は出ないかも。
こっちは何も無いぶん、男性陣のがっつきも激しいのかと(笑)

ミラノでご馳走してもらったリコッタチーズのパスタが恋しいわー。
Posted by Chieee at 2007.04.13 20:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。