--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.22

つながる想い。

BoyTe_donation-queueベトナムの知人が送ってくれた写真。
官庁に勤務する人々が、日本への募金をするために長蛇の列をつくっており、その中には大臣もいらっしゃったとのこと。

ベトナムは地震は無いけれど毎年台風・洪水など毎年多くの自然災害に見舞われていて、日本は、以前から様々な省庁、大学、専門技術機関やNGO/NPOらが連携しながら災害対応能力強化のための協力を行ってきた。
地方自治体による災害教育(学校での避難訓練やコミュニティ啓発など)など日本ならではの経験を共有する活動も多い。

未曾有の大地震・津波、さらに原発事故という困難が重なる中
被災地域の生活、日本の社会経済が復興するには多くの時間がかかるだろうけれど
この前例のないチャレンジを乗り越える過程を通じて、私たちは多くのことを学び、
その教訓を諸外国にも発信していくことができるはずだ。

自然災害を防ぐことはできなくても、被害を軽減することはできる。
いま私たちが経験していることを、他の国の事業にも迅速・柔軟に反映していくこと。
それが、日本へ支援の手を差し伸べてくれた国々への恩返しになるだろうし
災害を乗り越えた日本にしかできない国際貢献だと思う。


台湾のチャリティTV番組では、義援金がなんと41億を超えたとのこと。
http://news.ameba.jp/20110322-37/
ベトナムでも、社会現象化しつつあるとの声を聞いた。
支援表明も120カ国/地域に達したとか。

金額の多寡よりも、世界中の人々が日本を思ってくれていることがとにかく嬉しい。

ありがとう。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hush.blog5.fc2.com/tb.php/145-bec92d07
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。