--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.20

ロンドン発・東ティモール経由・シドニー行き

OZbus_route

+OZbus, London to Sydney Bus Travel
+"Taking Taking the long route to Sydney"[CNN]

ロンドンから、ひたすら南東へ80余日。
ヨーロッパ~中東~アジアを陸路+フェリーで進み、
東ティモールを経由して、オーストラリア・シドニーへと向かうバス
今年の夏、運行されるそうだ。(シドニー発の逆ルートもあり)

その昔。まだ駆け出しバックパッカーだった頃。
あれは『深夜特急』だったか、ユーラシア大陸横断バスの話を読んで
ヨーロッパ人は無茶なことを考える、と思ったものだ。

いや、大陸をバスで渡ろうという発想そのものが、ではなく、
自由を愛するはずの風来坊たちが、1台のバスに詰め込まれて
同乗の旅人たちと、歩調も経由地も掏り合わせながら
旅をするということが、私には、どうにもしっくりこなかった。

++
しかしながら、このバス(陸路)で大陸制覇、というのは
いまだに数多の旅人を惹き付ける企画のようで。
このOZバスでは、12週間で20カ国をめぐる旅程だとか。
定員は38名。費用は3,750ポンド=85万円くらい?

84日間、同じメンバーと毎日顔を合わせて、
誰かが決めたスケジュールに沿って
あらかじめ決められたルートを辿って
宿泊は基本的にキャンプ(街中泊の場合は安宿もあり)。
食事も込み
、しかもキャンプとなると自炊でしょうねえ。

旅の醍醐味をどこに求めるか、という観点の違いなのでしょうけど
自分自身の手で、オリジナルな思い出を作る過程全部が「旅」であって。
バスツアーに乗ってく時点で「冒険」じゃないじゃん、って気がする。

個人的には、ひょいとバックパック背負って、
行く先々で偶然の出会いを重ねながら
気が向くまま、思いつくままに次の目的地を決めて
賑やかな食堂で地元の名物に舌鼓を打ったり
街の息遣いが聞こえる安宿で眠る方が、
充実した&思い出に残る時間になる思うんだけど。

++
だいたいにおいて、この手のツアーを企画するのが
元・”世界を股にかけたバックパッカー”ってところも不思議。
逆に、ポジティブに考えれば、個人旅行を知り尽くしたプロが
新しい旅の楽しみ方を提案しているということなのだろうか。

まあこれだけ濃い&長い日程を共に過ごせば
掛替えのない友になれることは請け合い、でしょうし
その意味では、出会いや深い友情を求める人にもフィットするのかも。
年齢制限なし・恋愛を目的としない「あいのり」だと思えばいいのか。

第一陣、9月16日にロンドンを発つバスは、すでに満席。
予約客の4分の1は50代以上だそうで、
値段や日程の問題(学生でも3ヶ月休暇は辛い)はもちろんのこと、
第二の人生で、初めての&少々変わった「冒険」を実現したい、
或いは、かつて自分の足で歩いた/歩きたかった国を辿る、
ある種ノスタルジー的感傷もあるのかもね。

参加すれば、たしかに唯一無二の経験となることは間違いない。
85万円を高いと見るか、安い/プライスレスと見るか。

++
参考に、経由国をずらっと。
ENGLAND - FRANCE - GERMANY - CZECH REPUBLIC - AUSTRIA -
HUNGARY - ROMANIA - BULGARIA - TURKEY - IRAN - PAKISTAN -
INDIA - NEPAL - CHINA - LAOS - THAILAND - MALAYSIA -
INDONESIA -EAST TIMOR - AUSTRALIA
※ET~オーストラリア(ダーウィン)間のみ、空路を使用。

私なら、せっかく85万円+3ヶ月の休暇があるのなら
1つの国を、もっとじっくり楽しみたい。
観光地だけなら、ぶつ切りにして1週間程度でもなんとかなる。
むしろ、旅と暮らしの真ん中くらいで、のんびり、ゆるゆると。
私なら、多くても3-4カ国が限界だなあ。

どのみち、しばらく長期休暇はおあずけになりそうなので
当面は空想旅行しかできなそう。
あああ。でもその前に、旅行記書かなきゃ。
ニューヨークはおろか、モロッコスペイン、も溜まってるんだった。。。
そういえばイタリアアイスランドなんてのもあったな。。。。。。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hush.blog5.fc2.com/tb.php/19-a8a25cdf
この記事へのトラックバック
シドニーシドニー(Sydney)は、オーストラリアで最大また最古(1788年開基)の都市である。ニューサウスウェールズ州|ニュー・サウス・ウェールズ州の州都。人口は約400万人、シドニー湾に面し、港湾都市として知られる。メルボルンとともに、オーストラリアの経済、交通、流
| オーストラリアに夢中☆ at 2007.09.13 22:13
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。