--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.15

Women's market


Fokupers女性支援分野の現地NGOの大手、
Fokupers主催の期間限定マーケットにて。
伝統織物タイスを身にまとったスタッフさんが
とても可愛らしかったので、つい1枚。
自分の場合、おばさんというよりもむしろ
おやじ化しそうな予感がしていたけれど
最近とみに進行が著しい気がする。

マーケット自体は、少々準備/戦略不足な感じ。
野菜から手工芸品、薬草シロップから伝統織物に至るまで
色々と商品はそろえているのだけど、
ただ種類別に並べられているだけで、
ここに至るまでのストーリーが見えてこない。

多産(平均出産7.7人)で、いつも家族の世話に追われ、
就学機会も就職機会も限られるうえ
夫婦間、親子間のDV問題も広くはびこっており。。
この国の女性を取り囲む状況は、正直、厳しい。
村落部では、まだ高校生にしか見えないような小柄な女性が
何人もの子供を連れて水汲みに行くを見かけることも多い。
でも、不思議と痛々しい光景に見えないのは
彼女たちの生命力の強さによるものだろうか。

antique tais現実的には、平日の昼間に
わざわざ大金持って買い物に来るような
買い手(malae=外国人)も限られるだろうから
そこまで力を入れてない、という
だけのことなのかもしれないけど
作り手の女性たちのことを考えたら、
もう少しプレゼンの仕方もあったんじゃないかと。

並んでいる商品は悪くなかっただけに、残念。
ちなみに私が一目ぼれしたタイスは、
飛び地オエクシ県からのアンティークだそうで
お値段は予算の倍以上。で、あえなく断念。残念。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hush.blog5.fc2.com/tb.php/57-3663476f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。