--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.09.12

スミニャック滞在/プラナ・スパ

旅の後半3日間は、スミニャックで。
マイナスイオンに満ち満ちた自然の中でリラックス、なウブドから一転、
スミニャックでは、ヘアサロン、ネイル、病院通いにショッピング(=買い出し)と
あらゆる用事を2.5日間に詰め込み、時計とお財布にぎりしめて東奔西走。
過密スケジュールで慌ただしかった割に、疲れがたまらなかったのは
ツボをおさえたお店の数々で適度にお茶&ごはん&お酒を楽しんだり、
あとなんといってもプラナ・スパのアーユルベディックトリートメントのおかげと思う。

プラナは、バリ・デリの正面、オリエンタルな香り漂うホテルThe Villas内にある。
私が受けた3時間コースは、温水(といってもかなり熱い)プールと
冷水(温水の直後だと、心臓弱い人はショック死するんじゃってくらい冷たい)とを
交互に入るところからはじまり、ボディスクラブ&ラップ、スチームバス、
そしてシロダーラ、マッサージ、フラワーバスと続く。
(3時間、相当夢心地だったらしく、もはや順番すら曖昧)

夢心地最高潮だったのは、やっぱりシロダーラ。
あの、おでこに温かいオイルをたらたら垂らされるあれ。
プラナが日本人に人気ががあるのは、このメニューによるところも大きい気がする。
はじまってからどのくらい、意識を保っていたかも覚えていないくらいすぐに爆睡したため
全く感想を書けないのが哀しいところ。
あれは心地よさのせいか、それとも知らずに溜まっていた疲労のせいか。。
次回のバリ行では、体調万全でのぞんで、原因を突き止めなくては。

アユールヴェーダを看板に掲げるだけあって、内装もどこかインド風。
テラコッタよりも少し濃い、素焼れんがっぽい色調に
どこかピリッとスパイスの効いたアジアテイスト。だったと思う。
照明落ちてた&超リラックスしすぎて、なんとなくの雰囲気しか記憶に残っていないため
抽象的な表現しかできず。。でもとても落ち着いた感じで、かなり好みだった。

サービスも手際よく、ちょこちょことサーブされるドリンクも美味で、
大好きなバンコク・Divanaに次ぐくらい、かなりの満足度の高さ。
オリジナル商品も色々と揃っていて、おみやげにもよさそう。
自分用に買ったイランイランのボディクリームも、香り&テクスチャともに好きな感じだった。

術後には、ザ・ヴィラズのレストランでヘルシーミールが供されて
体の中からすっかりきれいに、を体感できるのも、ここの特長・・のはずが、
すでに待ち合わせ時間をオーバーしていたため、食事は断念。
フルーツジュースだけいただいて大急ぎで向かった海山
しっかりビール補給し、七輪の煙にいぶされ、さっきまでの良い香りはどこへやら。
最後の夜はクーデターで〆ようと歩きだしたものの
簡単な道順のはずが、なぜか辿りつけず。。
結局またえんえん歩いて、ホテル近く、アビマニュ通りのバーに舞い戻ったのは零時過ぎ。
パッキングも手つかず、翌朝6時には病院で爪の手術、という状況下でも
強気に2時まで飲み、よろよろとホテルに戻って、荷物つめこんで、数時間の仮眠。
自業自得とはいえ、最後の最後まで、えらいバタバタな3日間でしたわい。

++
スミニャックは小さなエリアで、お店もいくつかの通りに集中しているので
歩いて回るのがちょうどいい。暑いけど、人も車もあまり多くないからストレス感じないし。
インテリアショップやブティック、その合間に残るローカルなよろず雑貨店など
ひやかしているうち、気づけばクロボカン、あるいはレギャンに入りこんでいる、という具合。

でも今回はいつも早足で歩いているような感じで、効率的に時間は使えたけれど
反面、きっと見落としたり見過ごしてしまったりしたものも多い気がする。
次回滞在の際には、のんびり街歩きを楽しみたいものだ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hush.blog5.fc2.com/tb.php/64-915ff076
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2010.11.08 12:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。