--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.25

TL式・価格決定メカニズム

需要と供給による価格決定メカニズムとか、価格弾力性とかなんとか。
この国は、かつて経済学の授業で習った理論を
日々の実生活の中で体感することができる貴重な場所でもある。

といっても、重要側要因による価格弾力性はあまり無く、
代りに、供給=在庫状況がおもしろいくらい価格に反映されるのは
殆どの物資を輸入、しかも海路に頼っているこの国の宿命なのだろう。

こと輸入品に関しては、価格は、完全に商店主の手に握られている。
しかも入荷状況は極めて不安定なため、最も物資が豊富な首都ですら
一度見かけた商品が、次回もお店に残っているとは限らない。
根が落ち着くのを待つのは、数週間の欠品に耐えるリスクを負うことでもある。

先月、外国人向けからもろローカル店に至るまで、
町中の店という店から数週間にわたって牛乳が消えたあと
(船は港に入っていたのに、通関に手間取ったためとの噂)
再入荷したときは、ほとんどのお店で1割近く値段が上がっていた。

でも1割くらいなら、まだかわいいものだと思う。
先月、初めて冷凍ブルーベリー。を見つけて
おおっ!と思って買ったときのお値段は1.40ドルだった。

翌週だったか、その話を知人にしたところ、
滞在歴が長い彼女も見たことが無いレア商品だったらしく
大急ぎで買いに行ったものの、案の定、すでに売り切れ。
2袋買いだめしなかった自分を、どれだけ悔んだことか。。

blueberryところが、きょう同じお店に買い物に行ったら
ひっそり2袋が積まれているのを発見。
加工日から見て、追加入荷と思われる。
値段を見ると、一気に倍になっていた。
売れるのがわかっているせいか、
ほんと強気ですこと。
で、それを買ってしまう弱気な自分。。
(その後いちどもブルーベリーを見かけないので
この判断は正解だったと思う。)

とにかく在庫があるうちに買いだめしておくのは、TL暮らしの鉄則。
おかげで今では、牛乳はケース買い、しょっちゅう品切れになるヨーグルトに至っては
毎週せっせと、自分で作っております。

で、いまは2週間ほど卵が失踪中。ハーメルンの笛吹き男よろしく
街中の店から持ち去られたんじゃないかってくらい、どこに行っても、無い。
もしかしたら、隣国インドネシアの鳥インフルエンザ問題の関係もあるのだろうか。
といっても、もともとどの国から来たたまごか知らないけど(ローカルでないのは確か)

あ、でも今、いちばん「足りてない」のは電気かも。
先月からずっと、ディリでも毎日、断続的に停電が続いている。
なんでも発電所のジェネレーターがすべて故障しているとかで、
海外から技術者が来て修理を終えるまで、この状況が続くらしい。
アパートのジェネレーターもフル稼働してくれているけれど
週に1度くらい、クールダウンのために電源を切らざるを得ない日があって
おかげで最近は、家に帰ると真っ先に冷蔵/冷凍庫を開けて
腐ったもの、解けきったものがないか確認するというのが日課になりつつある。

さて、次は何が消えるやら。


3月にティモールに来て以来、
CPI(消費者物価指数)は毎月じわじわと上がり続け、
新聞にも、政府に物価調整を求める記事が、定期的に掲載されている。
ガソリンも、日本ほどではないとはいえ1割ほど高くなった。
個人的に、特に影響が大きいと感じるのが資材価格で
自分が関わっているプロジェクトも、見積もりを並べてみると
価格水準が月を追うごとに上昇しているのがわかる。
セメントに至っては、2-3割の価格上昇ともはや高騰の域に入っており
店には在庫がないため、業者間で融通しているとか。

ローカル市場で手に入る野菜・肉などの食品や日用品は
そこまで急激な値上がりはないとはいえ、現地給与で生活している、
いや職があるだけ恵まれているティモール人家庭への打撃も相当だろう。
この状況が続くと、一般市民の生活が苦しくなるにつれ
食糧配給や生活補助を享受できるIDP(国内避難民)への反感も強まりかねない。

貧困に起因する様々なストレスは、ちょっとした刺激でも争いの火種となる。
逆に、目に見えるレベルでの生活改善が実感できれば
国・社会への不満も抑えられ、紛争の芽を摘むことにもつながる。

自分の生活のためだけでなく、治安・社会情勢安定のためにも
物価と食糧/日用品供給の安定を望むばかり。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hush.blog5.fc2.com/tb.php/71-a0bb11bd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。